【フラット35】住宅ローンお借り換えのススメ

 

比べてください。

小さな保険代理店だから提案できる低金利住宅ローン。

39543608_s

 

『 保険は見直しても、住宅ローンは手つかずのまま・・・。』

私たちはお客様に生命保険をご提案する際、将来の生活設計をシミュレーションするにあたり、住居費や住宅購入のご計画、教育費、生活支出等のヒアリングを行います。住宅ローンは住宅を購入された世帯においては家計費に占める割合が高いにもかかわらず、「仕組みが良く分らない」、「将来どのくらい金利が上がるか不安」、また「見直したいけど、どこに相談すれば良いか分らない」、「見直しの手続きが難しそう」・・・といったお声を以前からよく耳にしていました。

このような理由から、弊社は保険の周辺業務においてもお客様のお役に立ちたいと考え、住宅ローンの相談と長期固定金利住宅ローン【フラット35】の取次業務を開始しました。

【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する長期固定金利の住宅ローンです。一番の特徴は、「金利が変わらない安心」です。お借入時から返済終了まで、毎月の返済額が変わらないため、長期にわたるライフプランを立てやすいというメリットがあります。また、過去に旧「住宅金融公庫」(現 住宅金融支援機構)の基準金利が最高で5.50%に設定された頃と比べると、現在は比較的低金利であると言えるでしょう。

 

【フラット35】の特徴
  • ずっと固定金利の安心
  • 保証料は0円、保証人も不要
  • 繰上げ返済手数料は0円
  • ご返済口座が自由に選べる     など   
詳しい内容は下記のリンク先をご覧下さい。

※弊社では三井物産グループのモーゲージバンクである、ハウス・デポ・パートナーズ㈱の ハウス・デポ【フラット35】の取次業務を行っております。

※モーゲージバンクとは、預金機能を持つ銀行とは異なり、貸し出した住宅ローンの債権を住宅金融支援機構に譲渡することにより自らが資金調達を行う、住宅ローン専門の金融機関です。

 

 

 

今、支払い利息を見直すタイミングです。

30933436_s

 

『 家の購入価格 ≠ 住宅ローンの総返済額 』

マイホームの購入は、生涯で最も大きな買い物の一つと言われています。

立地条件や工事の依頼先、建物の仕様や資金計画、住宅ローンのタイプなど、住宅購入までに決めていくことはたくさんあります。

完成した家のたたずまいを具体的に想像しながらの家族会議はとても楽しく、夢があります。

しかしそれらと同じくらい、もしくはそれ以上の時間をかけて考えるべきことがあります。それは住宅ローン選びです。なぜなら、家の購入価格と住宅ローンの総返済額はイコールではないからです。

 

☆融資金利でここまで差が出る返済総額 借入金額 返済期間 金利 毎月返済額 返済総額 支払利息 1% 5.7万円 2,372万円 372万円 2% 6.7万円 2,783万円 783万円 3% 7.7万円 3,233万円 1,233万円 4% 8.9万円 3,720万円 1,720万円 ※全期間固定、元利均等返済、ボーナス払いなしにて試算したシミュレーション値。 2,000万円 35年

 

住宅購入の際には多くの方が住宅ローンを利用されます。希望に沿った物件探しと並行して資金計画を立て、家計に無理が生じない範囲で住宅ローンの借入金額と月々の返済額を決めます。

ところで住宅購入の際に何十年もの返済総額がどのくらいになるのか?をじっくりと考えて住宅ローンを組まれた方はどれだけおられるでしょうか?

実際のところ「全期間固定金利型」住宅ローン以外は、金利の変動を受けて数年ごとに返済額が変わる仕組み上、現時点で返済総額は計算できません。「変動金利型」の住宅ローンは借入れ時の金利水準が非常に低いのが魅力的ですが、金利上昇リスクを借り手が負うことになります。固定期間の終了や金融機関による金利の優遇が終了する都度、金利の交渉や見直し等の対策を打つ必要があります。また固定期間中は返済額自体は変わらなくても、半年に1回の金利の見直しにより金利が上昇した場合、返済額の内訳に占める利息の割合が多くなります。この状態がずっと続くと元金がなかなか減らず、住宅ローン返済の最終月が到来しても元金がまだ残っている…というケースも考えれられます。

しかしどのような住宅ローンであっても、返済利息を含んだ何十年もの総返済額は上の表にもある通り、当然住宅購入時点での金額をはるかに上回ります。これだけは変わらない事実です。

このように月々の返済額だけでなく、「返済総額がいくらになるのか?」という考え方を持つことが、住宅ローンを組む上での、また住宅ローンを見直す上での一つの重要なポイントです。

今よりも金利が高かった頃にマイホームを買われた方は、これまでと比較しても非常に低い金利水準であると言われている現在、住宅ローンを見直す一つの機会です。

金融商品への投資と運用で「お金を増やす」以前に、長期間にわたる「負債を減らす」という考え方も見逃せません。
金利優遇期間が終わって月々の返済額が増えて困っている、総返済額を減らしたい、早めにローンを返し終えたい・・・など、現在借りている住宅ローンに関する漠然とした不安や疑問を抱えておられる方は一度「借り換え」について考えを深められることをおすすめします。

弊社では長期固定金利住宅ローン【フラット35】の取次を行っております。

住宅ローンの借換え等のご相談がございましたら、お気軽にご相談下さい。
住宅購入をご検討中の方も、お気軽にご相談下さい。

 

住宅ローン・コンサルメニュー

<サービス内容>

stuff_dai

住宅ローンの返済などのシミュレーションは、今やネット上でも簡単に行えます。

弊社ではFP専用のライフプランニングソフトを使用して、住宅ローンと上手く付き合う方法をお伝えします。住宅ローンの借換えや住宅の購入により、お客様の今後のライフプランにどのような影響が出るのかをキャッシュフロー表 ※ を使って一緒に見て行きましょう。

第3のFPの立場として、銀行やハウスメーカーでは教えてくれない、でも知っておきたい住宅ローンの話を分り易くお伝えします。お気軽にご相談下さい。

※キャッシュフロー表とは、現在の収支状況と今後のライフプランをもとに、将来の収支状況を予想し、その結果増減する貯蓄残高の推移を時系列に表す表。

<ご相談料について>

●初回相談  無料 (弊社に初めてご相談の方のみ)

●2回目以降  通常料金:10,500円(税込)

 (具体的なご相談の対応とご提案書の作成。2回の面談のセット料金)

現在HPオープン記念キャンペーン中につき無料です。

※査定に必要な書類等を確認させて頂く必要があるため、基本的にはお伺いいたします。

※無料の対象となるエリアは、大津・草津・栗東・守山・野洲市・東近江市等の主に湖南エリア(弊社事務所よりおよそ1時間程度でお伺いできる距離範囲)とさせて頂きます。弊社にご来店頂く場合は無料とさせて頂きます。

「サービス品質保証制度」

有料相談を受けられた方で万一、個別相談にご満足頂けなかった場合は全額返金申し受けます。

 

 

 

「返済額が減った!」お借換え体験談

37857237_s

 

大津市在住 ~N様の場合~

大津市マンション

  • N様 :大津市在住の30代歳男性。
  • ご購入時期 :平成17年春にマンションをご購入。
  • 物件情報 :物件購入価格 約2,280万円
  • 購入時融資金額 約2,130万円 住宅ローン :当時の融資利率 1.2%(3年固定、固定後は変動金利) 借入期間35年(返済満了年齢:63歳) 3年の固定期間後に、10年固定に変更・・・融資利率 2.6%に。
ご相談内容
  • 今はもっと金利が安いはず → 月々の返済額総返済額を見直したい。
  • 低金利の今のうちに、長期固定金利タイプに変更しておきたい。
  • できることなら早めに返済を終えたい。
安心コンサルからのご案内

資料提示

平成24年12月に弊社にご相談、ハウス・デポ【フラット35】をご案内。

→借換の効果とシンプルな仕組みにご納得いただく。

 

 

お借換えの結果
  • 10年固定金利 2.6%20年固定金利 1.66% に。(ハウス・デポ【フラット35】H25年1月実行金利)
  • お打合せの中で、ご希望に沿って住宅ローンの返済期間を 27年20年に短縮。
  • 住宅ローン返済額は、月々 約76,000円月々 89,000円 にアップ。(※返済期間を短縮したため)

 ⇒ところが、諸費用を除く純粋な住宅ローン総返済額は約386万円削減できた。

  総返済額 2,479万円-今回の借換えローンの総返済額 2,093万円=386万円

  (※見直し前の住宅ローン金利2.6%が変わらず、27年間返済し続けた仮定との比較)

  • 月々の返済額に対する支払利息を低減できた。

 (月々返済額のうち、借換完了後同月比:約37,700円→借換後:約25,000円に。)

  • 金利上昇リスクを回避できた。
  • 【フラット35】なら繰り上げ返済手数料は不要。→自分のタイミングで計画的にできる。
お客様の声

1372063124_idea-user

 

今回は住宅ローンの相談に乗っていただき、ありがとうございました。家を買った時は何かとバタバタで、ローンのことなどあまり考えていませんでした。以前のローンでは、金利が上がる時の説明が不十分で、金利の交渉についても何かと不満に感じていました。最近のニュースで住宅ローンの金利が低くなっているということを知り、以前から保険をお任せしていた加賀山さんに住宅ローンについても相談しました。フラット35は初めて聞きましたし、金利の開きが1%近くも差があったのは本当にびっくりしました。手続きも思ったよりスムーズにでき、何よりローンの総返済額が抑えられたことと、ローンの期間を短くできたことに大変満足しています。これからも保険やローンなど、色んなことを教えて下さいね。

大津市在住 Nさんの奥様

© AnshinConsult Co., Ltd. All Rights Reserved
Top